安藤義典 安藤義典
陶歴 1973年 岐阜県多治見工高デザイン科修了
84年 アメリカ・ロサンゼルス住
85年 四日市、美濃にて陶器販売
91年 美濃大草窯主宰
95年 東京玉川高島屋にて七人展
美濃 安藤實に師事、粉吹の製作多し


  

 思いっきり体をぶっつけて一生の仕事として陶芸の道を選んだが、それが本当に自分を生かす道かは未だにわからない。
 常に自己の才能に疑いを持ち、満足と落胆の狭間にいる。個性といっても過去の文化に憧れつつ独自のッ作品には道遠しの思いで、使って喜んで頂ける陶器を目指し、美濃という陶器のメッカに感謝しつつ今は一筋に造るのみ、御叱正を賜りますように。