安藤實
略歴 1927年 愛知県生まれ
57年 国画会出品受賞
65年 岐阜県土岐市立陶磁器試験場次長
67年 「美濃古陶紋様類集」他出版
73年 定林寺にて開窯
78年 岐阜県土岐市陶芸村にて開窯
85年 「染付紋様類集」出版
毎年、東京・大阪・名古屋等で個展を開催
東洋陶磁学会会員
 
海音寺潮五郎様より
 私は土岐という所が好きで、よく遊びに行く。土岐には無数の名陶工がいるが、その中で安藤實さんは最も異色である。
 すべての陶工が陶器製作専門の職人育ちであるのに、安藤さんは画家育ちである。日本画も描き洋画も描くが、その画風は放胆自在を極めて、自らの精神を紙表に表現するを念としている。現代の南画といったら最も近かろうか。
 土岐の生まれであるこんな安藤さんが、陶器創作に意欲を持つようになったのは、極めて自然な事である。数年の沈潜の後、その作品を発表し始めた。その作品はその画業を陶器に移したもののように、僕には見える。南陶とでも呼ぼうか。放胆、豪放、雄大、いささかも屈託する所なく、独自の美の世界を構成している。僕はひたすら感嘆している。
 まあ、ご覧下さい。