柴田恵子 柴田恵子


 

 創業元禄頃、岐阜県多治見市滝呂町にて代々陶業に従事。江戸時代には徳利、片口、碗などを製造し、明治には手描きから銅版陶器へ以降し、この頃「暁山窯」と呼ぶようになる。
 のちに輸出用陶器を作り広くカネ千製陶として親しまれてきた。
 和食の隆盛とともに現在は手造り和食器を提供している。
 温か味のある美濃の陶器をご家庭にお店に、また御贈答にご愛用ください。